SEO対策 ふわふわの宝物 ごめんね、飛鳥
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2008-06-23 (Mon)
飛鳥、君が初めて家に来た時、
あまりに小さくて、ママはびっくりしたの。
体重を測ると37グラム、現在の永遠よりも小さな子だったね。
永遠の時は、ママ、まだ自分で病院に連れて行けたから、
助けたいなんて、大それたことを考えたけれど、
今は事情が変わってしまっていたから、正直とても
不安だったの。小さな飛鳥、君は無事に育ってくれるの?!
でもね、飛鳥、君はうぶうぶの小さな鈴桜に
とてもとても優しかったね。

二人3


鈴桜はすくすく成長し、君も小さいながらも45グラムに
育ってくれて、ここまでくれば安心と思った矢先に
君はご飯を食べられなくなってしまったね。
早期発見だったと思う。対応が間に合っていれば
君を助けてあげることが出来たかもしれないね。
はじめは鼻炎のせいだと思ってたの。だけど
お鼻が綺麗になっても、君の食欲は戻らなかったね。
君はいったい何処が悪いのだろう?!
毎日少しずつ減って行く体重を見つめて、
ママは君に謝るしか出来なかったの。
飛鳥、ごめんね、ママが病院に連れて行って
あげられなくてごめんねと…

二度目の病院へ行く時、ママはパパに
「怒られたって飛鳥がよくなるんならいいじゃない、
鳥専門にいってよ」とお願いしたの。
飛鳥、君が死んでしまったあの日、
ママはパパに詰め寄ったの。
「あの時どうして鳥専門に連れて行って
くれなかったの?! どうして柏に連れて行って
欲しい日に仕事にいったの?!」 って…
ママは自分の不甲斐なさがゆるせなくて
パパに当たることしか出来なかったのね。
君はあの日、病院から帰ってくると
トコトコ歩いて、パパのところにいったね。
そうしてパパの手で眠っていたっけ、
初めてだったよね。君はもう自分の命の先を
知っていて、パパにお別れを済ませていたんだね。
あの日は、君が家に来て丁度4週間目の
日だったんだよ。まさか逝ってしまうなんて
思ってもみなかったの。君はとても辛そうでは
あったけれど、ママは先生が助かるって
いってくれたことに少し安心していたの。
だから、君が鈴桜と並んで止まり木で眠ったのをみて
少しだけ君の側をはなれてしまったの。
パパがお水を変えようとして、君の異変に気づいた時
君はもう冷たくなっていたね。
君を見送ったのは鈴桜一人だったね。
ごめんね、飛鳥、本当にごめんね…
あんなに急に逝ってしまうのならば、
君の側を離れたりしなかった…

飛鳥、今君はもう虹の橋にたどり着いて、
食べられなかったご飯をお腹一杯食べていて
くれるかな?! 苦しい強制給餌に耐えてくれて
ありがとう。手を嫌がらず、いつでも側に
寄り添ってくれてありがとう。ママの子に
なってくれてありがとう。たった4週間しか
一緒にいられなかったけれども…
ママは君が死んでいくのをただ見ているしか
出来なかったけれど、これだけは約束するね。
君の大切な鈴桜はママが守っていくからね。
飛鳥~ 飛鳥~ ママの憧れのバイオレットちゃん、
君の元気な顔はこの写真が最期になってしまったね。

6/19-2


皆様、飛鳥をご心配、応援して頂いて
有難うございました。飛鳥の死を無駄にすることなく、
遺された鈴桜や他の子供達に精一杯の愛情を
そそいでいきたいと思います。
これからも私とインコズ、恭兵をどうぞよろしくお願いします。



にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ←応援よろしくお願いします。









| インコ | COM(8) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。